気の医学講座

日常の出来事、鍼灸・東洋医学の治療など、さまざまな観点で気について取り上げてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第102話 今年の機構は?

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 このGWは、天気もよさそうで、お出かけ日よりになりそうですね。

 今年は、天候が不順で、温かくなったり寒くなったりを繰り返していましたね。
 でも、東洋医学からみると、決して天候が不順ではないんですよ!

 実は、これは今年の“寅(とら)”年に起因しています。

 この寅というのは、東洋医学では、少陽の気と通じ、少陽暑火の気が主体になるとされています。
 この少陽は人体では経絡と言って、気の流れるルートの一つであり、身体内部では、胆のうや三焦と呼ばれるところにつながっています。

 特に東洋医学では胆のうに問題があると、“寒熱往来(かんねつおうらい)”と言って、身体が寒くなったり、熱くなったりを繰り返す症状が現れます。
 例えば、女性の更年期障害では、ほっとフラッシュと言って、カーッと熱くなって汗をかいたと思ったら、ぞーっと寒くなったりを繰り返します。
 これも寒熱往来です。
 これが胆のうとつながる少陽の経絡の症状として現れるわけです。

 今年の寅歳の寅も、この少陽の経絡に通じていますので、その反応として、寒くなったり、温かくなったりを繰り返しているわけですね。
 でも、確かに、人体においても、症状として現れるのですから、地球にとっても、一つの症状と言えるかもしれません。

 そして、この少陽の経絡の気が正常化してきたとすると、本来的には、少陽は暑火の気をつかさどっていますから、暑くなるはずです。

ですから、寒暖の差がなくなったと思ったら、思いっきり暑くなって、猛暑日が続くなってことにもなりそうです。
 熱中症には、ご用心!です。

 本来、干支(えと)の寅は、動物の虎(とら)とは何ら関係はありませんが、猛暑でせめてくる感じが、まさに虎のイメージと通じて虎の絵で描かれるようになったのかもしれませんね。

 それから、九星では今年は八白土星(はっぱくどせい)の年です。
 土星は、湿気と関係があります。
 ですから、雨が多く、湿度が高くなるのは、その影響もありますね。
 
 この土星の影響では、人体は消化器系統が影響を受けますので、胃腸を整えることが大切です。
 そのためには、ビタミン・ミネラルの補給がポイントです。
 今回のお勧めは、「桑の葉茶」です。
 
 桑の葉には、非常に多彩な成分が含まれ、高血圧、便秘、糖尿病、高コレステロール血症などの改善効果が知られています。
 漢方でも、むかしから、桑の葉や根を生薬として使用してきました。
 最近の研究で、そのメカニズムが明らかになっています。

 この夏の猛暑対策と生活習慣病対策に、桑の葉茶をどうぞ!
 100%《桑の葉茶》 (株)オビヒロ 25袋入り 1,050円
 ご注文は、
注文・お問い合わせメールフォーム

 今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 ブログ・ランキングに挑戦しますので、応援してください。
 ここをクリックしていただけると、うれしいです。→ 人気blogランキングへ
 ありがとうございました。


 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


 このブログの現在のランキング順位は、ここでご覧になれます。
サイト情報






  


 






  


スポンサーサイト
  1. 2010/04/30(金) 08:25:44|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:509

第101話 新しい水夫であり続けたい

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、今日は“昭和の日”ですね。
 おそらく、それに因んでだと思うんですが、たまたまNHKラジオを付けたら、
フォークソングの特集番組をやっていました。

 そうそう、私は中学から高校生の頃は、よく吉田拓郎を聞いていました。
 その拓郎のデビューソング、“イメージのうた”が流れて、懐かしく聞きました。

 この曲は、浜田省吾がカバーしていましたので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、とても長い長い曲です。
 そうです、カラオケで歌うと、嫌われる曲です。(笑い)

 実は、昔、この歌の歌詞で、その真意がわからないところがあったんです。

~…
 古い船には、新しい水夫が乗り込んでいくだろう
 古い船を今、動かせるのは、古い水夫じゃないだろう
 なぜなら、古い船も、新しい船のように、新しい海へ出る
 古い水夫は知っているのさ、新しい海の怖さを…

という歌詞なんです。
 ブログじゃ、歌ってあげられないのが残念(笑い)

 ラジオでは、この部分の解説をしてくれていました。
 20年来の?が解けました。
 私の解釈も交えて説明しますと、

 古い船と言っているのは、この国、日本。
 そして、古い水夫は、この国を、これまで動かしている政治家や社会のリーダーや、時代を風靡している人たちを指しています。
 そうした古い人たちでは、もう古い船(日本)は動かしていけない。
 なぜなら、古い船が、新しい海(時代)に向かって進むとき、古い人たちは、それまでの経験や価値観にとらわれ、新しい海(時代)には、進んでいけないからです。
 だから、古い船を動かせるのは、新しい水夫、すなわち若者だということです。

 まさに今でも通じる内容ですよね。
 この国、日本が新しい海(時代)に向かって進んでいるのに、相変わらず古い水夫が動かしている。
 やはり、新しい海に出るには、新しい水夫が船を動かさなきゃいけないんですよね。
 ここでは世代交代ってことになるんですが、少し別の角度から見ると、
古い水夫は、古い価値観を持った人、新しい水夫は新しい価値観を持った人って置き替えてみることもできるでしょう。

 ですから、新しい海(時代)に向かって進むには、新しい価値観を持った水夫が古い船を動かせるってことになりますね。
 新しい水夫には、つねに新しい海へ挑戦する心があります。
 これが若者です。
 気の世界からみると、若者は、陽気が旺盛なんです。

 実年齢が若くても、新しいことにチャレンジする心がない人もいます。
 これは陽気の不足です。
 逆に言えば、何歳になっても、新しいことにチャレンジする心を持っている人は、陽気が旺盛です。
 ですから、そういう人は実年齢がいくつであっても、若者と言えるのです。

 私は鍼灸学校の講師をしていますが、学校には、30歳代はもちろん、40歳代、50歳代、60歳代、そして70歳代の方までいらっしゃいますよ。

 年齢に関係なく、学校に入って学んでいる姿には、感心させられます。
 私も、日々、新しいことにチャレンジしたいと思っています。
 そう、新しい水夫でありたいと思っているからです。

 陽気が旺盛な人は、皮膚の張りとつやがありますし、陽気が不足している人は皮膚に張りがなく、しわが出てきます。
 ですから、新しい水夫でいられるか、古い水夫かは、皮膚の張りとつやを見るとわかりますよ。
 新しいことにチャレンジすることで陽気が旺盛になってきます。

 あなたは、いかがですか?
 今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 久しぶりにブログ・ランキングに挑戦しますので、応援してください。
 ここをクリックしていただけると、うれしいです。→ 人気blogランキングへ
 ありがとうございました。



 このブログのサイトマップは以下をご覧ください。
ブログ記事サイトマップ

 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


 このブログの現在のランキング順位は、ここでご覧になれます。
サイト情報






  


 




  1. 2010/04/29(木) 21:15:11|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:652

第100話 現実を受け入れ、今を乗り越えるために!

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 ようやく、第100話まで来ることができました。ありがとうございます。

 さて、前回は現実を受け入れるために、事実確認をし、客観的に自分を観ることをお勧めしました。
 これは、何もストレスを受けているときばかりではありません。
 楽しい時間を過ごしているときにも、同じように客観的に自分を観ることが必要です。
 むしろ、その方が現実を受け入れやすいかもしれませんね。
 
 あくまで、起きている出来事と、それに対する自分の感情を明確に分けて認識することです。

 それを繰り返しているうちに気づくことがあります。

 それは、現実=事実の側にストレスや悩みや問題が存在していると感じていたが、実は、その現実=事実を“受け止めている自分自身の側の感情として、そう判断している”ということです。

 例えば、出された料理が、まずくて嫌いで、それを食べなきゃいけないことに辛さを感じるとしましょう。
 この場合、出された料理そのものが、まずいからと思って、その料理をたべなきゃいけないことがストレスになっているわけですが、
 その料理そのものには、おいしいとか、まずいとかという価値判断は存在しません。
 それを決めているのは、全て自分の嗜好と味覚ですね。
 なぜなら、同じ物を食べて、おいしいと感じる人もいるはずだからです。

 もし、このような状況でも、客観的に自分を観ることができたなら、
 「外国では貧困のために、満足に食事ができない人たちも大勢いるのだから、食べられるだけでも、ありがたい。」
と思うことができるはずです。
 もしも、そう思うことができたなら、どうでしょう?
 その料理をたべなきゃいけないというストレスは感じ方が変わりませんか?

 悩みやストレスも同じです。
 こうして、生きることができるだけで素晴らしいこと、感謝すべきことだと客観的に自分を観ることができれば、たいしたことはないって感じることができるのではないでしょうか?

 「そう簡単にはいきませんよ!」
って声が聞こえてきそうです。(汗)

 でも自分自身を振り返ってみると、今までにも何度となく、その時は大変で困った、辛くて苦しいという出来事があったはずです。
 そして、いつのまにか、それを乗り越えて現在に至っているのです。
 もっと言えば、その辛く苦しい出来事や、大変な状況があったからこそ、その後の人生につながっていたり、そのことがなければ今の自分はなかったと思うことができるはずではないでしょうか?

 そう思えると、今の現実も、これから現実化する未来につながるステップと理解できるはずです。

 何かのヒントになれば幸いです。
 今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 久しぶりにブログ・ランキングに挑戦しますので、応援してください。
 ここをクリックしていただけると、うれしいです。→ 人気blogランキングへ
 ありがとうございました。

 このブログを最初からお読みになりたい方は、
第1話 太る体質、やせる体質は何に由来するのでしょうか?


 このブログのサイトマップは以下をご覧ください。
ブログ記事サイトマップ

 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


 このブログの現在のランキング順位は、ここでご覧になれます。
サイト情報






  


 








 
  1. 2010/04/27(火) 21:40:32|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:994

第99話 現実を受け入れるって?

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、前回は、いかに志し(理想)を立てようとも、現実の受け入れができているかどうかで、その志し(理想)の実現は違ってくることをお話しましたね。

  でも、「現実を受け入れるって?」と思われた人もいらっしゃるでしょう。

 そうなんです。
 私たちは、普段、意識して現実を受け入れるとか、受け入れられないと判断しているわけではないですから、いざ
 「現実を受け入れましょう!」
なんて言われても、「?」って思うのも無理はないことです。

 それでは、ちょっと考えてみましょう。
  最近は、このような経済状況ですから、雇用条件もよくないところが多いです。
 いわゆるサービス残業を強いられている人も少なくありません。
 ですから、だれしも、《もっと条件のよいところで働きたい。》って思うのは、無理もないことです。
 労働条件が悪くなればなるほど、職場や上司への不満や愚痴も多くなることでしょう。
 だからと言って、今すぐにでも、今の職場をやめて転職するわけにもいかず、悩み苦しむという方が少なくありません。

 Aさんは、ある会社に勤務していますが、ストレスから、心療内科にかかり、現在休職しています。

 このような状況の中で、あなたならどうしますか?
 Aさんは、会社の上司と話し合い、一定の期間休職し、その後、徐々に勤務時間を増やして慣らしながら職場に復帰することになっています。 
  
 このAさんの場合は、職場と上司の理解があり、休職することができた点はよかったですね。
 しかし、果たしてAさんは職場に復帰できるでしょうか?

 ここで問題は、Aさんが、ご自分の仕事内容、職場での人間関係、そしてストレスにより体調をくずし休職せざるを得なくなった状況…などを、ご自分で受け入れられているかです。
 それがないまま、現実逃避的に休職していたとすれば、職場に復帰しても、また同じことを繰り返してしまいます。
 
 「受け入れるって言ったって…」と思われるでしょう。
 ですから、言い方を換えると、“その事実を認める。”ということです。
 事実を認めるってことなら、どうですか?

 Aさんの意識は、例えば、職場の状況や仕事内容、人間関係が原因のように思っているわけです。
 もちろん、そのことは影響しているでしょう。
 しかし、そのこと自体を換えることはできないわけですから、自分自身が、それらを受け入れるしかないのです。
 とすると、まずは、自分自身を客観的にみて、
 「私は、今の仕事で、とても辛い気持になっている。」
 「Bさんとの人間関係でストレスを感じている。」
などと、事実を認めることです。
 それには、良いも悪いも必要ありません。
 事実に対して評価する必要はないのです。
 ありのままに、事実を認識することです。
 多くの場合、事実と自分の感情が入り混じってしまい、どこまでが事実で、どこからが自分の感情や事実に対する評価なのかがわからなくなってしまっているのです。

 事実と、それによって自分の心、もしくは身体が感じる反応を整理し、客観的な立場で認識することです。
  「Bさんに声をかけられるだけでもストレスに感じ、緊張してしまう。」

 もしも、そう認識することが難しいと感じたら、
 「その事実認識をしようとしても、そのことが難しいと感じてしまう。」
と、素直に受け入れることの難しさを事実として認識すればよいのです。

 まずは、これが第一歩です。
  頭では理解できても、なかなか難しという声が聞こえてきそうです。
 それでしたら、もし明日、あなたは死ぬとしたら、どうですか?
 明日死ぬことがわかっていたら、今の悩みなんて、どうでもよくなってしまいませんか?
 そう、明日死ぬという事実の前には、今の悩みをきゃっかんてきにみることができ、「たいしたことのない悩み」として受け入れてしまうことができるからです。

 今日は、このへんで。
 今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 久しぶりにブログ・ランキングに挑戦しますので、応援してください。
 ここをクリックしていただけると、うれしいです。→ 人気blogランキングへ
 ありがとうございました。

 このブログを最初からお読みになりたい方は、
第1話 太る体質、やせる体質は何に由来するのでしょうか?


 このブログのサイトマップは以下をご覧ください。
ブログ記事サイトマップ

 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


 このブログの現在のランキング順位は、ここでご覧になれます。
サイト情報






  


 


  1. 2010/04/25(日) 11:21:13|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:646

第98話 現実を受け入れられますか?

 このブログへの訪問、ありがとうございます。

さて、話題のNHK大河ドラマ『龍馬傳』は、ご覧になっておられますか?

 えっ、私?
 もちろん、欠かさず見てますよ。(笑)

 前回は、龍馬が、あの勝海舟との対面を果たし、弟子入りするという場面でしたね。

 いま、ドラマを見ていて、改めて思う坂本龍馬について、運命を分けた幼馴染の
武市半平太(たけち はんぺいた)との違いについて、私なりに考察してみたいと思います。

 武市半平太は攘夷派で、土佐勤皇党を結成しました。
 龍馬も、一時、勤皇党に所属していましたが、攘夷に対する方法論の違いから、龍馬は勤皇党は抜けています。

 実は私が思うに、ここがポイントなんです。

 徳川幕府が、ペリーの要求で戒告し、不平等な条約を結ばされたことから、長州をはじめ、全国で多くの武士が攘夷を唱えていました。

 武市半平太も、その一人でした。
 彼の指導力により、土佐藩を一つにまとめ、攘夷の中心的なリーダーとして彼は、志しを遂げようとしていました。
 しかし、それも、そこまで、おそらく次回の『龍馬傳』で、武市半平太の志しも打ち砕かれていくことになるでしょう。

 一方、龍馬は、全く別の志しを次々と達成していきます。

 志しは違っても、高い志しを実現しようとした両者の違いは何だと思いますか?

 私が思うに、それは、
 “現実を受け入れていたかどうか”だと思います。

 つまり、武市半平太は、現実、すなわち当時の日本で諸外国と戦争しても勝ち目はなく、アメリカの要求に対する徳川幕府の開国はやむを得ないことだったという現実を受け入れていなかった。
 それどころか、現実批判のうえに尊王攘夷という志しを立てていたということです。

 しかし、龍馬は違う。
 現実を、きちんと受け入れていた。

 彼は、その上で、いま日本にとっての最善の課題は何か?
 そして、いま自分のなすべきことは何か?を問い続け、
 そして、黒船を動かし外国と貿易をするという自分の志しをもっていました。

 さらに、これを東洋医学的に考察してみましょう。

 現実は後天で胃脾(土)、
 理想は、志しで先天の腎(水)です。

 先天の精は、後天の精によって補充されます。
 ですから、まず、現実を胃で、しっかりと受け入れることができなくては、後天の精は養うことができません。
 後天の精が充実しなくては、先天の精を補充することができないのですから、腎にやどる志しは達成できないことになってしまいます。
 その意味で、龍馬の胃は、しっかりと現実を受け入れる力があったと推察できます。
 

 おわかりですか?
 現実を受け入れる力のない人は、胃にストレスとしての症状が出現することになるわけです。

 いまの精神ストレス社会を作っている要因のひとつは、現実を受け入れることができない人が多いからだと言えます。
 不平・不満・愚痴…。
 それは言ってもいいんです。
 そう言っている自分を客観的に見ていられるのであれば。
 でも、私も、あまり、えらそうなことは言えませんが、(汗)

 どんな状況の中でも、現実を受け入れることができたら、何か一つぐらいは感謝で
きることが見つかるはずです。
 感謝することが見つかると、ちょっとの志しが実現する速度が早まります。

 33歳で暗殺された龍馬は、あまりにも早すぎる生涯でした。
 普通の人が一生かかっても成し遂げられないことを、龍馬は、33歳までに十分過ぎるぐらいに、やってのけてしまったのです。
 
 そう、今思い出しました。
 高校3年生のとき(今から22年前)、この幕末に生きた坂本龍馬、吉田松陰、高すぎ晋作らを題材に、私は、東海地区盲学校弁論大会で2位を受賞したのでした。
 そう、そのころも、彼らの人生に多くを学んだ私でした。(笑)

 今日も、ありがとうございました。

 このブログのサイトマップは以下をご覧ください。
ブログ記事サイトマップ

 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!






  


 



  1. 2010/04/24(土) 08:44:40|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:802
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。