気の医学講座

日常の出来事、鍼灸・東洋医学の治療など、さまざまな観点で気について取り上げてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第139話 野菜

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 あなたは、野菜が好きですか?
 野菜の中で嫌いなものはありますか?

 先日、ある患者さんから、こんな話を聞きました。
 「娘が、大学の実習で、農家に泊まり込みで作業をしたり、牛の乳しぼりをしたりしてきたんですが、そこの野菜が、とても甘くておいしかったそうです。」
 
 野菜が嫌いな人って少なくないですよね。
 もちろん、一口に野菜と言っても、野菜の種類によっても好き嫌いがあると思います。
 例えば、ピーマンが嫌いとか、ホウレンソウが嫌いとか、ニンジンが嫌いとか…。

 子どもも、野菜が嫌いって子が多いですね。

 なんでだと思いますか?

 それぞれに理由があるかとは思いますが、一番大きな理由は、野菜の“にがみ”ではないでしょうか?

 ピーマンのにがみが嫌いって子は多いですね。

 でも、ピーマンのにがみって、ほんとはピーマンの味ではないんですよ。
 キャベツにしても、他の野菜にしても、あの“にがみ”は、本来の野菜の味ではないんです。

 野菜の持つ“にがみ”は、じつは農薬の味なんです。
 農薬を使って栽培しているので、それによって作られた味なんです。

 それが証拠に、無農薬の野菜は、にがくないどころか、むしろ甘いんです。
 ピーマンだって、キャベツだって、甘味があります。
 それだと、子どもも、ちゃんと野菜が食べられるんです。

 娘さんの話をしてくれた患者さんに、私は確認しました。
 私:  「その農家のお野菜は無農薬じゃないですか?」

 患者: 「娘が無農薬野菜って言ってました。」

 私:  「そうでしょう。無農薬野菜だから甘くておいしいんですよ。」

 じつは、野菜を嫌うのは子どもだけではないですよ。
 農薬野菜は、虫が付かないどころか、鳥なんかも食べようとはしないんです。
 
 人間は、そのような感覚を忘れてしまったのかと思っていましたが、そうではなく、子どもは、ちゃんとわかっていて、それで野菜を残すわけですね。
 そして、ほんとにおいしいものを食べたら、おいしいってわかるんですね。

 大人は、サラダを食べるときには、ドレッシングやマヨネーズなど調味料で農薬野菜の味をわからなくしてしまって食べているわけです。

 ぜひ、一度生の野菜の味を味わってみてください。
 ほんとうにおいしい野菜は、そのまま生で食べられますよ。

 今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 ブログ・ランキングに挑戦しますので、応援してください。
 ここをクリックしていただけると、うれしいです。→ 人気blogランキングへ
 ありがとうございました。


 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


 このブログの現在のランキング順位は、ここでご覧になれます。
サイト情報

 
スポンサーサイト
  1. 2011/08/20(土) 16:20:57|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:312

第138話 緒方洪庵と適塾

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 昨日は、緒方洪庵(おがたこうあん)の開いた適塾(てきじゅく)へ行ってきました。

 ご存知ない方のために簡単に紹介しますと、緒方洪庵は、江戸時代末期に活躍した蘭方(オランダ医学)の医師であり、蘭学者で、近代医学の祖と言われている人物です。

 緒方洪庵は、数々のオランダ医学書を翻訳し、また日本初の病理学書である『病学通論』を著しています。

 緒方洪庵の有名な業績としては、自らが子どもの時に天然痘にかかったこともあってか、種痘所を開いて、種痘=天然痘予防のワクチン治療を行ったことと、適塾を開いて幕末から明治維新にかけて活躍した福沢諭吉や橋本左内など多くの人材を輩出したことが挙げられます。

 その適塾は、大阪の梅田から地下鉄で一区、淀屋橋で降りて、徒歩5分ほど、ビルの立ち並ぶ街中にあります。
 何度か改修されてはいるものの、江戸幕末当時の古い木造の建物を、今に残しています。
 その建物に入ると、ここが大阪の都会の真ん中とは思えない静かな空気が流れていました。
 その建物の中で、私は当時、学問を志した多くの人たちが切磋琢磨して必死に学んだ様子に想いをはせて見学しました。

 なんで近代医学の祖である緒方洪庵をの適塾を見学したかって?

 私は東洋医学を志して鍼灸治療を実践していますが、学問を志し医学を学んで人のために貢献するのに、東洋医学も正陽医学も関係ないのです。

 適塾を訪れたのは、その当時、天然痘で苦しんで亡くなる多くの人たちを救うために尽力した緒方洪庵の人となりに接するには、その緒方洪庵の活躍したところへ行ってみるのが、一番肌で実感できるからだと思ったからです。

 大阪へ行かれることがあったら、せひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?
 この適塾は現在の大阪大学の源流であり、大阪大学が管理しているところですので、入館料は大人250円となっています。

 今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 ブログ・ランキングに挑戦しますので、応援してください。
 ここをクリックしていただけると、うれしいです。→ 人気blogランキングへ
 ありがとうございました。


 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
脈診経絡治療 天眞道佐伯鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


 このブログの現在のランキング順位は、ここでご覧になれます。
サイト情報

 



 


 




 








  1. 2011/08/19(金) 12:29:42|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:447
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。