気の医学講座

日常の出来事、鍼灸・東洋医学の治療など、さまざまな観点で気について取り上げてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第182話 断食体験②

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、前回に引き続き、私の断食体験から学んだことをお伝えしたいと思います。
 
 私は昨年8月から糖質制限(完全な制限ではないですが)を行ってきて、空腹感を、ある程度コントロールすることができるようになりました。
 ですので、それほど断食に入っても空腹感で辛いという状況はなかったです。
 しかし、参加されている人の中には、空腹感でしんどいと訴えている人もいらっしゃいました。

 40日断食をされた方の体験では、最初の数日間は体が辛く、動くこともできずにベッドに寝たままだったとのことです。
 それは、本人がおっしゃるのには、
 「断食までの食事がひどかったので、その分だけ、断食に入ると、悪いものが出るので辛いんですよ。」
とのことでした。

 私の場合は、普段から食事には気をつけてましたので、そのせいか断食に入って、とても調子がよかったです。

 つまり、食べ物が入ってこない状況が続くと、身体は体内に蓄積している栄養素を使って代謝を維持しようと働くことになります。
 その時に普段から摂取している食事の影響が、諸に現れるというわけです。
 断食の状況では、ケトン体というエネルギー利用される脂肪が肝臓で合成されることが知られています。このケトン体が合成されると、一時的に血液は酸性に傾きますが、インスリンが正常に働く状況では、問題なく調整されます。
 ところが普段から糖質過剰の人では、血糖値を維持しようとおそらくは肝臓でグリコーゲンからブドウ糖が合成されるのではないかと思います。
 その血糖値が下がると空腹感で辛い状況になります。
 また急激な血糖値の状況で、これも血液が酸性に傾きます。さらに食品添加物や化学物質などが蓄積していると、これらも血液中に放出されることになり、こういった物質の反応により、身体はダメージを受けるのではないかと思います。

 ところが、蓄積したものが放出され、生体のホメオスタシスによって回復してくると、身体はとてもクリアになります。
 私も断食に入って、感覚が研ぎ澄まされる感じを体感しました。
 そして、とても身体が軽いので、心も軽くなりました。
 さきほどの40日断食された方も、
 「最初の数日間の辛い状況が過ぎたら、あとはすごく調子がよくなって、感覚がとても鋭くなりました。」
とおっしゃってました。

 これは消化・吸収に使うエネルギーも、酵素も使わない分、それが身体機能に利用されるので、食事をしているよりも、食べていない方が元気になるのです。
 これは実感であって、本当にそうかどうかわかりません。
 でも、確かに食べていない方が身体機能は上がっているのです。
 ということは、消化・吸収に使わない分、それが他に回ったと理解するのが合理的だと思います。

 事実、回復食で最初にお粥をいただいた後の方が私は少し体が重くなり、力が入らなくなりました。
 
 ああ、そうそう、断食中の大事なことですが、断食している時は、入浴で湯船に浸かってはいけないとのことでした。
 シャワーですますか、できれば体を拭くだけの方がよいとのことでした。
 湯船に浸かることが健康によいとは言えないということですよねえ…。

 では、今日はこの辺で…。
 今日も、ありがとうございました。


 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!

スポンサーサイト
  1. 2014/01/19(日) 15:11:07|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:141

第181話 断食の効能①

新年明けまして、おめでとうございます。
 本年も、よろしくお願い申し上げます。

 さて、私の2014年ですが、断食から始まりました。

 「えっ!?断食!!」
といきなり驚かせちゃいましたですねえ…。

 2日から4日まで豊田市足助にある愛知断食センターで断食体験&デトックスに挑戦してきました。
その準備のために、年末大晦日と元旦は、お粥だけでしたよ。
目の前で家族は焼肉とか、しゃぶしゃぶとか食べてましたけど…(涙)。
 でも、その甲斐あって、断食センターに着いて、説明を受けている時、断食を指導されているOさんが私の顔をみるなり、
 「いい感じでデトックスが始まってますねえ!」
とおっしゃいました。
 果たして、空腹感に耐えられるだろうか?と思ってましたが、これまで4か月ほど糖質制限してきたこともあって、意外と大丈夫でした(笑い)。

 愛知断食センターは標高700mの愛知高原国定公園内にあります。
 周囲を森に囲まれ、とても環境のよいところです。
 翌朝は、その森の中の山道を散歩してみたんですが、ほんと森の空気は最高にいいですね!
 前日食べてないのですが、ぜんぜん元気で、山道の上り坂も、すいすいと歩けるんですよ。これは不思議!
 体が軽いし、感覚が研ぎ澄まされた感じです。
 じつは断食までの食生活に問題がある人は、断食に入ると調子が悪くなって個人差もありますが数日間は動くのが大変だそうです。
 私の場合は、結構気を付けてましたので、スムーズに断食に入れたというわけです。

そして、午後にも、また山道を散歩したりしてました。
これなら3日でも、4日でもできそうな感じだと感じました。

 驚かないでくださいよ。
来られている方は、年末から一週間とか、10日とかという方が結構いらっしゃいましたよ。
 いやいや私が驚いたのは40日断食をされたことある人がいらしたことで、そのお二人からお話しを伺いました。

 それも含めて断食の効能と私の断食体験については、さらに次回にお話しを続けます。

 今日も、ありがとうございました。


 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!



 
  1. 2014/01/10(金) 20:54:29|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:183
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。