気の医学講座

日常の出来事、鍼灸・東洋医学の治療など、さまざまな観点で気について取り上げてみたいと思います。

第185話 もう少し気功セミナーについて

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、前回、このブログで気功セミナーについて紹介しました。
 何人かの人からお問い合わせをいただきましたので、この場でも少し説明したいと思います。

 気功セミナーは基本的には個人レッスンで行います。
 基本的にはというのは、複数の場合もあるということですが、最大3人までで行います。

 内容は大きく二つに分かれます。
 一つは他者への治療目的で行う気功テクニックを習得するコースと、
 もう一つは、自己の浄化・調整目的のコースです。
 前者の他者への治療コースでは、もちろん自己浄化は必要ですから、その内容を含んでいます。
 いずれにしても、月1回ペースで6回(半年間)を一コースとして行っていきます。
  
 「一度伝授するだけで気功治療が行えます。」というところもありますが、やはり継続的に自己浄化を進め、テクニックを修練していかないと、エネルギーを高めていくことはできないのではないかと感じています。
 そのために、やはり半年とか、一年という単位で経過を見ながら進めていく必要があると思います。
 
 そんなことで、もし興味を持たれた方は、さらに詳細についてお尋ねください。
 メール送信フォームが私のHPにあります。
 
 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  

 今日も、ありがとうございました。

鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 17:14:24|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:148

第184話 気功セミナーのご案内

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、今回は気功セミナーのご案内です。
 私の治療を受けられる患者さんのなかには、気功治療を学びたいという方がいらっしゃいます。
 それで、4月よりの平成26年度から、鍼灸師に限らず一般の方どなたでも対象にした“気功セミナー”を開講することとしました。
 セミナーは2~3人ごとの個別指導セッションで行います。
 ファースト・コース6回(月1回で6か月)、セカンド・コース6回(月1回で6か月)を予定しております。
 もちろん、ファースト・コースが終了しないと、セカンド・コースには進めません。

 ファースト・コースでは天の気を受け取り、それを他者へ流すことができるようになります。
 しかし、気を流せても、病気の原因となっている邪気(マイナス・エネルギー)の処理ができないと苦痛を緩和したり、症状を改善することはできません。
 そのため、ファースト・コースでは邪気の排泄法や経絡の調整法を中心にお伝えします。
 もっと詳しいことをお知りになりたい場合は、私の方までお問い合わせください。
 以下の私のHPにメール送信フォームがありますので、そちらからメールでお尋ねください。 
 わたしの気功鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  

 今日も、ありがとうございました。


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!





 
 

  1. 2014/02/04(火) 22:43:45|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:206

第183話 断食体験③

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 いや~、とにかく早いですね、私が断食センターへ出かけてから一か月が過ぎました。
 今回は断食体験の3回目(最終回)として、お伝えさせていただきます。

 断食中に注意しなければいけないことは、入浴で湯船につかってはいけないことです。
 それさえ守れば、断食そのものは難しくありません。

 断食を行うにあたって難しいのは、じつは回復食なのです。
 断食によって休んでいた消化器(胃腸)に負担をかけずに徐々に働いてもらうことが大切です。
 そのため、なかには自宅で断食を行い、回復食をいただくために断食センターで宿泊されるという人もいらっしゃるそうです。

 で、回復食は重湯(おもゆ)→お粥(おかゆ)→普通食という流れですが、
 とにかく断食していた期間が長いほど、普通食に戻すまでの期間を長くするということになります。
 
 私の場合は二日の断食でしたから、最初の食事はお粥からでしたが、1週間以上断食していた方は重湯からでした。

 そして、なんと言っても大事なことは、“噛む”ことです。
 最初のお粥をいただいたさい、いつもの調子で食べたら、体が重く、なんか力が入らない感じになりました。
 それで、スタッフの方にお話ししたら、「先生は、ちょっと早食いですから、とにかくしっかり噛んで食べてください。玄米は一口100回ですよ!」と言われました。

 それで、最後の回復食では、一口100回、しっかり噛んで食べました。
 すると、気が入ってくるのを感じ、身体が軽くなってくるのを感じました。

 噛むことって、ほんと大事だということを実感しました。

 それで、噛むの言霊(ことだま)を調べてみると、カ=力(ちから)、ム=広がるという意味でそう、カムは身体に力が広がることなのです!
 いや、日本語は素晴らしいですね。
 さらにカムはcomeでもあると感じました。
 come(来る)って何が来るんでしょうか?
 そう、いいことがいっぱい来るんじゃないかって…。

 とにかくよく噛んで食べることに健康の秘訣があるのです。
 では、今日は、このへんで。
 今日も、ありがとうございました。

 わたしの鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!


  1. 2014/02/02(日) 12:12:35|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1