気の医学講座

日常の出来事、鍼灸・東洋医学の治療など、さまざまな観点で気について取り上げてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第190話 夏ですね!

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、今年は暑いんだか寒いんだか気温の差が激しいですね。
 それでも今日は名古屋では30度ほどになって暑くなりました。
 暑くなってきて困るのが、何と言っても“蚊(カ)”ですね。寝ている部屋に蚊が入ってしまうと、ブ~ンと安眠を邪魔されますので、困ったものですよねえ!。

 その蚊ですが、刺されやすい人とそうでない人っていますよね。また、刺されたら、ものすごく腫れてしまう人と、そうでない人もいます。
 これ、どうも糖質(炭水化物も含めて)の摂取と関係があるんじゃないかって思うんです。糖質(炭水化物を含めて)の摂取の多い人は蚊に刺されやすい、つまり蚊に好まれるってことですし、刺されると腫れやすいように思います。私は多少なりとも糖質制限しているせいか、あまり刺されないんですよ。
 よくお酒を飲んだ人が蚊に狙われるので、アルコールに引き寄せられると思われていますが、日本酒やビールだと糖質が含まれていますから、それじゃないかって気がします(仮説ですけど)。

 「ホ、ホ、ホタル来い!こっちの水は甘いぞ!」って歌がありますが、“蚊、蚊蚊さん来い!こっちの血は甘いぞ!”って感じでしょうか。

 蚊に刺されやすいってお心当たりのある方は、糖質制限されるのがよいかな~って思います。

 今日も、ありがとうございました。
 私の気功鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!

スポンサーサイト
  1. 2014/05/29(木) 16:45:44|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

第189話 バース・トラウマ

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、病気の原因には過去に受けた心の傷、いわゆるトラウマがかかわっていることも少なくないようです。
 そのトラウマは潜在意識の領域に残っていて、今のあなたの思考や行動に影響を与えていたりするわけです。
 そのトラウマのなかでも大きな要因は、この世に誕生する時、つまり出産のさいに受けたものが大きいそうです。これをバース・トラウマというのだそうです。
 お母さんのお腹の中で守られていたところから離れ、産道を通り、そして呼吸を始める…というプロセスは、あかちゃんにとっては大変なストレスなのですね。
 でも、私の感じとしては、産道を通らなくても、つまり帝王切開での出産でも同じななって思います。

 バース・トラウマを抱えている人は、ついつい他人に対して攻撃的になったり、暴力的になって傷つけてしまう、何かにつけ否定的である、人と会うのがおっくうである、両親に対して嫌悪感や違和感を抱いている、理由もなく緊張したり不安になったりする、人と接するのがおっくうである、あるいは怖い…などの傾向があるそうです。
 こういうことに対処するには東洋医学の考え方だけでは限界がありました。
 こんなトラウマも、気功治療によって解消していくことができます。
 精神的な症状でお悩みの方、あるいはそのご家族の方は、お気軽にご相談ください。
 今日も、ありがとうございました。
 私の気功鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!
  1. 2014/05/23(金) 20:41:14|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

第188話 光と闇

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、今日は“笑う”効用についてお話ししようかなと思います。
 いやいや、もう既に、そんなことはご存知ですよねえ…!
 私が改めて言うまでもなく、「笑うことは免疫力を高めます。」ってことは、いろいろなところで言われていますね。
 それで私の話は科学的ではないのですが、確かにそうだなと実感したのでお伝えさせていただこうというわけです。

 人の周りには、いわゆるオーラと呼ばれるエネルギーが放射されていますが、笑うと、このオーラの輝きが増すのです。
 それも、腹の底から笑うと、です。

 腹の底って、どこ?
 そう、いわゆる丹田(たんでん)と言われる場所です。ここはエネルギー、生命力の源泉と言われているところです。
 腹の底から笑うと、丹田が活性化して、エネルギーが高まります。そして、光が放射されるのです。

 病気を抱えている人では、精神的ストレスや悩み、あるいは病気そのものからくる苦痛や精神不安などさまざまなマイナス・エネルギーを抱えています。それらは一言で言えば、“闇”です。
 その闇を消すには、光でしかありません。
 お薬も、民間療法も、すべては闇の中で闇を何とかしようとしているにすぎません。
 闇を消すには光で照らすしかないのです。
これこそ、“笑う門(かど)に福来た(きた)る。”ですね。

 でも、心に闇を抱えている人は笑えないのです。
 その場合は、だれか別の人の光のエネルギーを照らして闇を消していくしかありません。それが治療者の役割だなと思います。
 でも、治療者が心に闇を抱えていたら、どうでしょう…??
 それじゃ、治療がうまくいきませんよねえ。
 ですから、いつでも、どこでも笑っていられるように…と思っています。

 もし、私が今日は嘘でも笑えないという日があったら、その日は臨時休業いたします。
 それは、ほんとうによい治療ができないからです。
 それくらい、“笑う”ってことが大事なことなんですよ。

 今日も、ありがとうございました。

 私の気功鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!




 







 





 その光が笑いによってもたらされるのです。

  1. 2014/05/18(日) 10:52:53|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

第187話 手足経絡逆転の人

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 さて、手足の経絡が逆転している人が少なからずいらっしゃることは以前にも解説しました。経絡とは気の流れるルートで、各内臓と手足末端とを結んでいますが、手に六経絡、足に六経絡があります。
 例えば、手の太陰肺経というのは肺に所属する経絡で、これは手の親指につながっています。
 ところが、この手の肺経が足に存在しているというのが手足逆転経絡の人なのです。

 どうしてそうなるのかについて断言はできませんが、少なくとも手足逆転経絡になっている人は刺激に対して抵抗性が低いのかなと感じています。
 例えば、花粉症になる人というのは手足逆転経絡の人が多いです。
 もちろん、そうでない人でも花粉症になりますが、経絡が正常な人は治療により改善もしやすい人です。
 ところが、手足逆転経絡の人では花粉症が改善しにくいのです。

 また、食道がんでは飲酒や喫煙が発症に関与していることが知られています。
 しかし、飲酒も喫煙もしない人で食道がんになった患者で、「熱い飲み物が好きですか?」と尋ねてみましたら、
 「そうです。熱いものを覚まさずに飲むのが好きなんです。」とのことでした。
 確かに、医学書には食道がんの誘因として以前から熱いものを好んで飲むというのが書かれています。
 でも、熱いもの飲む人が全て食道がんになるわけではないですよね…。
 そう、その方も手足逆転経絡になっていました。

 手足逆転経絡になっているかどうかは患者さん自身には自覚できません。
 しかし、ちょっとした刺激で反応してしまう、例えばアレルギー症状のような場合は、そうなっている可能性が考えられます。
 そして、手足逆転経絡の状態でいれば、今度はほかの刺激が繰り返されることで発がんしやすくなるということにもなるようです。(あくまで仮説です。)
 ということは、経絡を整えさせていただくというのは、結構なメリットがあるような気がします。

 でも、逆転していた経絡が元に戻っても、本人にはほとんど自覚できませんから、なんだか狐(くつね)につままれたような話になってしまって、売りにできるようなメリットにはならないですね。

 ということで、当院では手足の経絡が逆転している人は、きちんと整えさせていただいてから治療をおこないますので安心してください。
 今日も、ありがとうございました。
 わたしの気功鍼灸院のHPはこちらです。
ヒーリング経絡治療 天眞道佐伯気功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!
  1. 2014/05/03(土) 17:59:07|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。