気の医学講座

日常の出来事、鍼灸・東洋医学の治療など、さまざまな観点で気について取り上げてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第196話 病気の種類

 このブログへの訪問、ありがとうございます。
 お気づきの方はお気づきと思いますが、私の鍼灸院は“天眞堂氣功鍼灸院”に変更しています。
 当院では、氣功と鍼灸を2本柱として治療を進めていきますので、院名に標榜することとしました。

 そもそも病気には大きく分けて二つの種類があります。
 一つは肉体の病気です。すなわち睡眠、食事、排せつの不摂生によって蓄積した過労、栄養失調または栄養過多、便秘に伴う体内毒素の発生などにおる免疫力低下で起こる感染症やアレルギーといった肉体の病気です。
 もう一つは目には見えない、原因不明とされるような病気です。これらは遺伝、あるいは因縁またはカルマ、トラウマ、霊象などによって説明されるような病気です。

 前者は肉体のケアが主体で、鍼灸、マッサージ、アロマ、整体、オステオパシーやカイロプラクティック、電気療法…などさまざまな治療で効果があります。
す。
 しかし、公社の病気の場合、肉体のケアだけでは問題の解決はできません。
 なぜなら、肉体に現れている症状は、原因ではなく結果だからです。
 それはちょうど、映画館のスクリーンに映し出された映像のようなものです。
 映像を変えようとスクリーンに映った映像に触れても、映像を変えることはできませんね!そう、映写機にあるフィルムを修正しないといけないのは当然のことです。
 では、肉体というスクリーンに病気という映像を映し出しているフィルムはどこにあるのでしょうか?

 結論から言いましょう!
 それがエーテル体やアストラル体なのです。
 つまり、肉体を取り巻くエネルギー体です。
 そこを修正するには氣功しかありません。
 現代の医学では原因がわからないおうな場合は特に氣功治療が効果的だったりするのですが、それは全く別の視点から病気の原因をとらえているからです。
 もちろん、氣功も万能ではありません。
 原因がエネルギー体にあっても、スクリーンとしての肉体に映し出された肉体の病気が進行すれば、肉体自体の回復が間に合わないこともあるわけです。
 でも、それは死=終わりという考え方の場合です。
 死は向こうの世界の生という認識に立てば、可能な限りエネルギー体に存在する病気の原因エネルギーは浄化しておく必要があります。
 ん?なんだか怪しい話になってきましたね!
 ということで、今日は、このへんで・・・・・・
 今日も、ありがとうございました。

 私の気功鍼灸院のHPはこちらです。
天眞堂氣功鍼灸院  


鍼灸師をめざす人は、こちらもご覧ください。
 鍼灸師をめざす人を応援する総合情報サイト。鍼灸師資格試験に関するQ&A、養成学校の一覧、鍼灸医学用語の解説等。
鍼灸師になろう!

スポンサーサイト
  1. 2014/08/26(火) 20:50:45|
  2. 鍼灸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第197話 ちょっと怪しい話ですが… | ホーム | 第195話 百歳現役鍼灸師>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuboclub.blog75.fc2.com/tb.php/199-ab588d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。